SiteMap

iPhoneの修理経験

私は一度だけ池袋にiPhone修理に出したことがあります。その頃は4Sを使っていたのですが、すでに買ってから4年近く経っており動きが鈍くなっていました。電池がなくなるスピードも異常に早く、ひどい時は100%からいきなり30%になったりしていました。しかも充電にかかる時間が長いので、朝家を出る直前に電池が少ないことに気づいた時は絶望的な気持ちでした。
しばらくはその状態で我慢していたのですが、ある時ホームボタンが陥没してしまい、もうまともに使えなくなっていたので池袋の正規店に行くことを決めました。着いたのは良いものの、休日だったせいか人がめちゃくちゃ多く、整理券をもらってから1時間近く待たされました。動作確認をしてもらった所、iPhoneの性能自体に不具合はなく恐らく初期化すれば電池や充電の問題は解決するだろうと言われました。
しかしホームボタンは治りそうになかったので、新しいiPhone4Sに交換することになりました。事前にネットで調べたところ、正規のお店だとiPhone修理の費用がかなり高くつくとのことだったので数万円を財布に入れていたのですが、毎月300円ほど払っていた保証料のおかげで無料でした。池袋の非正規のiPhone修理のお店には行ったことがないので分かりませんが、やはり正規の方が安心できて良い気がします。

iPhone修理として

iPhoneに関してはまずは自分にとってよい方向性で直してもらうことです。池袋にはiPhone修理業者というのはいくつもあります。それこそ二台持っている人もいるでしょう。そうすることによって、少しでも早く直してもらうことにしたいのであれは池袋の非正規のiPhone修理の業者にする価値があるでしよう。非正規ではありますが、修理業者ですから、池袋でのiPhone修理の際はそこに持っていくことも十分に可能になります。
そこが基本的な持っているルートであるといえるでしょう。iPhoneというのを持っている人が多くなっています。iPhone修理としての方向性はこの二つなのです。アップルストアには、色々と利点があるのですがとにかく信用できるところに利点があるといえるでしょう。それは当然であるといえるのですが具体的にいいますとiPhoneであればアップルに持っていくことになります。
ですから、まずはアップルストアに持っていくことを意識しておきましょう。そこをよく認識しておきましょう。そうしたことを考えるのが面倒なのであればまずはアップルストアに持っていく、ということにしましょう。面倒と思うかもしれませんが、まず安心できるところであるといえのがそこになるでしょう。

iPhone修理の第三の選択とは何か

池袋でのiPhone修理にはこれまではApple StoreやAppleが認めた正規プロバイダーの正規のiPhone修理サービスを利用するか町中にあるような非正規業者のiPhone修理サービスを利用するかという二つの選択肢になっていました。正規の修理には時間がかかったり、バックアップを取る必要が合ったりすることが面倒をされています。そして非正規業者の修理では後のAppleの正規の修理が利用できなくなるなどのデメリットがありました。
しかし、最近ではiPhone修理の第三の選択肢が出てきています。それが総務省の登録修理業者制度に認定された池袋の修理業者を利用することです。これは、総務省が音頭をとって優良な修理業者を認定するという制度でいわゆる電波法関連に沿った業者であるということです。
Appleからみれば、非正規業者の一角ということになりますので、登録修理業者であっても、非正規業者の修理と同じ扱いになり以降の正規のアフターは受けられません。しかし、池袋の登録修理業者で修理をするということは技術や部品などは正規のサービスと遜色ない修理を受けることができますので、登録修理業者以外の非正規業者の修理とは全く違っていると言っていいでしょう。